降圧しようとしている人の画像

降圧とは簡単に言うと血圧を下げることです。高血圧の方は言わずもがなですが、注意が必要な方も降圧についての方法などを知り、正常値にし健康的な生活を送る努力をしましょう。

ラシックスの降圧効果・息を吐いて深呼吸

ラシックスは、降圧剤として使われることもあります。
腎臓の尿細管で行われる塩分と水分の再吸収を抑えることで、尿量を増やして血液中の余分な水分を減らします。血液中の水分量が多くて高血圧になっている患者に対して有効です。
血圧が上がってしまう原因は色々ありますが、よくあるのは塩分の摂りすぎです。塩分を過剰摂取すると、血液中にナトリウムが多くなります。水とナトリウムは一緒に動く性質があるため、ナトリウムに血管外の体液が取り込まれて、血液中の水分が増えてしまいます。
すると血管が水でパンパンになるので、血圧が上がってしまいます。
ラシックスは利尿効果で降圧させる薬で、飲み合わせに注意しなければならない薬の種類が多いです。
他の降圧剤を使っている場合に併用してしまうと、血圧が下がりすぎてしまう恐れがあります。また、心臓の薬ジギタリス薬と併用すると、ジギタリス中毒を引き起こす危険性があります。
鎮痛薬と一緒に飲むと利尿効果が弱まる恐れもあります。
尿量が増えるということは、それだけ血液中の薬の濃度が高くなって、他の薬の副作用のリスクが高くなるということです。ネット通販でもラシックスは販売されていますが、自己判断で飲まないようにしましょう。
薬を使わずに血圧を下げる方法には、大きく深呼吸する方法があります。
深呼吸のコツは、息を吐いてから吸うことです。肺の中を空っぽにするように息を吐ききると、意識しなくても自然と深く息を吸えるようになります。
肺がペタンコになるくらい息を吐ききったら、今度は肺を膨らませるように息を吸いましょう。これだけで血圧が下がるわけではありませんが、緊張した時に血圧が急上昇するのを防ぐことができます。