降圧しようとしている人の画像

降圧とは簡単に言うと血圧を下げることです。高血圧の方は言わずもがなですが、注意が必要な方も降圧についての方法などを知り、正常値にし健康的な生活を送る努力をしましょう。

2017年01月の記事一覧

クスリクスなどの降圧薬で生じる後頭部の痛み

人間というのは、身体のリズムが一定ではなく、毎日体調や体質が異なるものです。
摂取した食事や体調などにより、血圧が普段よりも高いことと言うのは珍しくありません。
しかし、クスリクスなどの降圧剤を服用しなければならないほど血圧が高まっている状況というのは、放置していると健康に害を与えることになります。
そもそも、血圧が高くなっている状況というのは、心臓から送られる血液量が増加傾向にあることで、血管が圧迫されている状態です。
そこで、推奨されるのが降圧剤を使用することです。
ただし、降圧剤と耳にすると副作用の心配をしてしまう方が多いのも事実です。
不安材料になってしまうのは、血液という生命活動を維持していくために必要不可欠な物質の供給を制限するということが関与しています。
こうした不安材料を払拭することができるのが、利尿薬に近い成分の降圧剤です。
人体というのは、体内において水分量が多い場合に血液の量が増加し、血圧が高まります。
利尿薬に近い成分が入っていることから、腎臓に対して直接的に作用し、血液の中に存在している不必要なナトリウムと水分を体外に排出します。
このような一連の流れにより、血圧が下がるという仕組みです。
現在、患者に対して処方されている薬の多くは、副作用が著しく少ないものばかりです。
しかし、時折後頭部に痛みを感じるなど、副作用と思わしき症状が発生することもあります。
後頭部に違和感を覚えた方の多くが、併用すべきではない薬と共に降圧薬を服用していたとされています。
高血圧以外にも病気を伴っていて、薬品を服用している場合はもちろん、市販の風邪薬のように成分が濃くない製品でも注意しなければなりません。

続きを読む